前へ
次へ

カタログギフトで全員幸せになれます

突然ですが皆様カタログギフトというのをご存知でしょうか。私は団塊の世代に属しますが、今までまったく聞いたこともありませんでした。最初にそれを知ったのは友達の結婚式に出席した時です。ホテルで豪華な結婚式がされました。結婚式が終わっていつものように引き出物をもらおうと風呂敷を用意していたところ、風呂敷に包めるようなものがありませんでした。代わりに小さなカレンダーのようなカタログをもらいました。一見何の価値もなさそうなカタログですから、正直私は何だこれはと思いました。家に到着してからそのカタログを開いて腰を抜かしました。そこには私が大好きな牛肉の宅配がたくさん並んでいたのです。牛肉といってもそれは松坂牛です。松阪牛のステーキや松阪牛のすき焼きセットがふんだんに掲載されていました。私はそれを見た途端に友人の愛情を感じてしまいました。そうなんです。私は牛肉がとても好きなのですが、私の友人はそのことを一番知っていたのです。だからこそカタログギフトで私に高価な牛肉をプレゼントしたのでしょう。私はそのカタログギフトをもらっていたく感動した覚えがあります。

これと同じようなことは私たちの周囲でしばしば見られるようになりました。一昔前までは結婚式の引き出物といえば食器の詰め合わせやタオルのセットで決まりでした。それらをもらうたびに、またかという気がしたものです。このカタログギフトを初めて目にした時には本当に心からびっくり仰天しました。もらった人が 心から喜べるようなギフトがぎっしり詰まっているようなカタログギフトは、人々に最高の幸せをもたらします。カタログギフトで、誰もが、皆同じように幸せになれるのではないでしょうか。今後結婚式の引き出物については日本でもカタログギフトが主流となりそうな気配です。その元祖はどこかと問われればすぐに答えることができます。それは地球の裏側のアメリカです。すべての人々が幸せになれるようにカタログギフトというものが開発されたということです。

Page Top